福島県大熊町に新たなシンボルが登場!

大熊町交流ゾーン

大熊町交流ゾーンは、福島県双葉郡大熊町大川原地区にある、
地域住民の交流や文化活動、観光復興を目的とした施設です。
2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた大熊町において
復興の拠点となる施設として2021年10月にオープンしました。
施設内には、多目的ホールや研修室(会議室)、運動スタジオなどが利用できる「linkる大熊」、
宿泊温浴施設の「ほっと大熊」、
飲食店や雑貨屋、コインランドリー、美容室、電器店が並ぶ「おおくまーと」
が備わっており、地域のイベントや交流会、文化・スポーツ活動などに利用されています。
また、観光客向けに地域の食や工芸品なども販売しており、
地域の魅力を発信する役割も果たしています。

大熊町交流ゾーンは、福島県双葉郡大熊町大川原地区にある、 地域住民の交流や文化活動、観光復興を目的とした施設です。

2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた大熊町において 復興の拠点となる施設として2021年10月にオープンしました。

施設内には、多目的ホールや会議室、運動スタジオなどが利用できる「linkる大熊」、 宿泊温浴施設の「ほっと大熊」、 飲食店や雑貨屋、コインランドリー、美容室、電器店が並ぶ「おおくまーと」 が備わっており、地域のイベントや交流会、文化・スポーツ活動などに利用されています。

また、観光客向けに地域の食や工芸品なども販売しており、 地域の魅力を発信する役割も果たしています。

  • ニュース
  • イベント

アクセス

車でのアクセス

常磐自動車「常磐富岡IC」から2.0km(約5分)
常磐富岡IC 出口の信号を右折します。
ローソン富岡上手岡店様が見える信号を右折し
県道35号線に入ります。
次の信号を右折し大熊町役場本庁舎を過ぎるとすぐに右手に
施設があります。

 

・いわき中央インターから常磐自動車(有料)「常磐富岡IC」経由48.2 km(約35分)
・福島国際空港からあぶくま高原道路(無料)経由
 68.4 km(約1時間10分)
・仙台国際空港から常磐自動車(有料)「常磐富岡IC」経由
 95.6km(約1時間15分)

公共交通機関を利用する場合

・JR常磐線「大野」駅から生活循環バス17分「大川原公営住宅」
 下車、徒歩1分
・JR常磐線「富岡」駅から生活循環バスで23分「大川原公営住宅」
 下車、徒歩1分
生活循環バス時刻表

 

東京駅から東北アクセスバス「南相馬・双葉ライナー」で
【大熊町役場】下車、徒歩3分
東北アクセスバス時刻表

jaJapanese